封筒には”在中”?”御中”?正しい履歴書封筒の書き方をマスターして転職を成功させよう

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

封筒には”在中”?”御中”?正しい履歴書封筒の書き方をマスターして転職を成功させよう


「では、履歴書(応募書類)を郵送してください」と言われた、またはメールが来た時は、当然書類を封筒に入れて郵送します。この時、何も考えず送付先の住所と会社名だけを記入していませんか?
確かに書類選考の主役は封筒の中の書類ですが、実は封筒そのものからも選考の幕が開かれている可能性があります。たかが封筒、されど封筒。しっかりとマナーを押さえていないとビジネスパーソンとして失格、と思われてしまいかねません。
封筒は、採用担当者と応募者のファーストコンタクトです。第一印象を良くするためにも、封筒の書き方にもベストを尽くすことが正解です。
そこでこのページでは、履歴書(応募書類)に使用する封筒の正しい書き方をはじめとした封筒豆知識を紹介します。

履歴書用封筒はこう書く!

封筒に書き方なんてあるの!? そんなの知ってるよ! という人が大半だと思いますが、もしかしてその書き方、間違ってはいなくても、もっとスマートな書き方ができるかもしれません。改めておさらいしてみましょう。

封筒の表面の書き方

縦書きで①住所②宛先③宛名④履歴書(応募書類)在中、と記入します。それぞれの注意点は下記です。

①住所:都道府県から記入します。建物名も略さないように書きましょう。
②宛先:(株)(有)など略すのはNGです。正式な会社名を記入してください。
③宛名:個人宛であれば「様」、部署宛であれば「御中」とします。部署や個人名が不明な場合は、「採用ご担当者様」で良いでしょう。稀に「○○部御中」「○○様」を併用しているケースも見受けられますが、これもマナー違反です。どちらかにしましょう。
④履歴書(応募書類在中):封筒の左下に赤枠で「履歴書(応募書類)在中」と記入します。この時、雨などでにじんでしまうことがないように赤の油性ペンを使用することがお約束。また、赤枠についても、定規などを使用してきっちりと線を引いてください。自信のない人は、「履歴書在中」のスタンプが市販されているので、そちらを利用するのもひとつの手です。

封筒裏面の書き方

裏面に必要なスペックは、①日付②署名③封締めです。いずれも縦書きで記入します。

①日付:投函する日付を記入します。西暦ではなく、「令和○年」とします。
②署名:郵便番号、住所、氏名を正確に書きます。「○-○-○」と丁目や番地を省略するのはNGです。
③封締め:封を閉じたら封の真ん中に「〆」と記入します。第三者が勝手に開けた際に発見できることが「〆」の役割なので、それほど神経質に記入する必要はありません。

履歴書を封筒に入れるのは郵送時のみ?

手渡しの場合も封筒に入れるのが常識です。その際、直接担当者に手渡すことが分かっているのなら住所などは記入する必要はありませんが、もしかして当日担当者が電話や会議中であった場合は代理の人が受領する可能性もあります。念のため、宛名と署名、「履歴書(応募書類)在中」を記載するようにしてください。
手渡しした後すぐに面接が開始されることが分かっている場合は、その場で封筒から書類を出して渡すと好印象です。その時にもたもたしないように、封筒には封をしないようにしましょう。

封筒の中の履歴書はどんな折り方が正解?

履歴書(応募書類)は買った時の二つ折りのままで送付するのが正解です。名前や写真がある面を外側にして折ります。三つ折りにして小さい封筒で送れば郵送コストは抑えられるかもしれませんが、採用担当者が読みづらかったり読むのに手間がかかったりするので絶対に避けてください。履歴書(応募書類)の折り方が直接合否に関係することはないですが、配慮に欠けた人間だ、と思われてしまいます。

封筒の文字は手書きじゃないと悪印象?

基本は手書きです。近年はパソコン入力が基本で文字を書くことに自信がない人も多いと思いますが、丁寧に書けば問題ありません。そもそもパソコンで封筒の文字を作成することにはよっぽどのスキルが必要です。宛名シールを作成して貼り付ける、なんてもってのほか、失礼にあたります。それならば、字が下手でも手書きの方が無難です。
ただ、よっぽど字に自信のない人やIT企業に提出する場合は、パソコンで作成しても良いでしょう。一昔前は手書きでないとありえない、手抜きだ、という考えの採用担当者も多かったものの、近年はその風潮もだいぶ緩和されているようです。

スマートな履歴書(応募種類)の書き方も転職成功への第一歩です


履歴書(応募書類)を郵送や手渡しする場合、封筒の書き方までには気を使っていなかった、という人は多いかもしれません。「手元に届きさえすればいい」という考え方はNGで、封筒の書き方ひとつでも採用担当者には応募者の社会人としてのマナーが伝わります。封筒の書き方にも細心の気を配って、ほかの応募者に差をつけましょう。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.セントメディア

セントメディアのトップ画面イメージ

セントメディアは、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。