転職に最適な時期と転職までの計画作成のススメ

おすすめ人材会社3選

転職に最適な時期と転職までの計画作成のススメ


「転職しよう!」そう決心した時にまず始めるのが転職活動ですが、実は転職に最適なタイミングがあるというのをご存じでしょうか。そのタイミングを活用して転職活動をすれば、勝率も高くなるというものです。
もちろん、転職したい時期=転職時期、ということには間違いありません。その時期も人それぞれでしょう。それでも時期によって、採用されやすい時期、採用されにくい時期があるのは事実です。どうせなら採用されやすい時期を狙って転職活動を行うことが効率的なのは明確です。
それを理解した上で計画的な転職活動を行ったら、スムーズな転職だって夢ではありません。
この記事では、転職成功を実現する転職のベストタイミング、転職活動のスケジューリングについて解説します。

転職に最適な時期を知っておくと有利!

転職に最適な時期……あまりピンとこないかもしれませんが、企業側の事情により一般的に採用ニーズが高まる時期というのは存在します。この時期を活用し、逆算して転職活動を行うことができれば採用される確率もアップするはずです。

新年度を控えた2~3月、下半期に向けた8~9月を狙おう

1年のうちで中途採用がもっとも活発なのは、3月と9月です。なぜならこの時期は、期初を迎える4月入社、下期を迎える10月入社を念頭に入れて採用を強化するからです。小売区的、かつ、確実な転職成功を実現したいのなら、この時期の入社に向けた転職活動がマストです。

転職に最適な時期は年代や職種によっても異なる

新卒の就職活動とは異なり、採用期間がとくに定められていないのが転職活動です。とは言っても、年代や職種によってそれぞれの「最適な転職タイミング」があるのは事実です。自分の年代や職種で転職時期を見極めることも転職成功への近道となります。

第二新卒の場合

第二新卒とは、社会人経験3年未満のことを指します。第二新卒の場合はあまりスキルも求められないし、希望の求人があればタイミングを気にせず応募して問題ありません。それでもオススメなのは、新卒社員と同期となる4月入社を目指すことです。新卒者向けのカリキュラムも同時に受けられる可能性があるし、何より新卒者と年齢が近いため仲間もつくりやすいことでしょう。

20代の場合

20代での転職時期はあまり問題視する必要はありません。なぜなら、20代はほかの世代と比較してもっとも育成しやすい年代であるからです。ただし20代後半であればそれなりの実績を求められるので、ある程度の実績を積んでからの方が採用されやすい傾向にあります。目安として社会人経験が3年以上経ってからの転職がベターでしょう。

30代の場合

30代での転職は、今後の社会人人生の分岐点になります。と言うのも、30代での転職は「マネジメント経験」や「役職に就いているかどうか」が合否の判断材料になることが多くなり、転職先でも即戦力を求められるとともに「長く続ける」ことが前提となるからです。転職を決断したのならできるだけ早いタイミングで転職することが望ましいです。求人が増える2~4月、8~10月に向けて数ヶ月前から書類の作成や資格取得など転職活動の準備をするのがベストではありますが、定年まで働くことも考慮に入れて慎重に検討してください。

40代の場合

40代での転職は、非常に厳しい傾向にあります。年齢的な問題はもちろん、企業としても中途採用のハードルが高く、求職者の転職活動は数ヶ月に及ぶこともあります。相当なキャリアがなければ年齢だけで書類落ち、ということも。そこで、若い年代の求職活動が落ち着いた5月以降の求人を狙うことがオススメです。仮に採用されたとしても入社する時期はそれより後になり、「経験者優遇」枠の小数になるためはじめは居心地が悪いかもしれませんが、慣れてしまえばリーダーシップを取るポジションでスキルを発揮することが可能です。

職種によっても転職のタイミングは異なります

職種によっても転職のタイミングは異なります。例えば、販売・サービス系やエンジニアを募集する企業であれば9月の採用活動が多くなる傾向にあります。
これは、期初やボーナス時期を考慮した動きと考えられます。会社員が一般的に退職する際はボーナスをもらってから辞めたいと考えるものです。応募者の心理と経済的状況を突いた戦略的な求人とも言えます。
このように、職種によっても転職のタイミング、もとい、求人のタイミングは職種によって異なります。クリエイティブ職の場合は時期性があまりないのでそこまで問題視する必要はありませんが、それ以外の職種であれば職種別の転職タイミングを参考にしておきたいところです。
参照:転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期 |転職ならdoda(デューダ)

スムーズな転職への近道、転職までの計画を作成しよう

何事においても目標や計画を立てて実行することが着実にミッションを遂行する近道です。それは転職についても同様です。一見遠回りにも見えますが、急がば回れ。退職準備から転職までのプランを作成することがオススメです。作成にあたっては、転職予定日から逆算してスケジューリングすることがポイントです。

転職する日を設定する

転職活動を開始してから実際に入社するまでは平均3カ月を擁すると言われています。転職を急ぐ人もそうでない人もまずはゴール(転職予定日)を設定しましょう。

退職のタイミングを決める

次に、退職のタイミングを決めましょう。有給消化や仕事の引き継ぎなどに2ヶ月間ほどかかることも考えて、余裕のあるスケジューリングを心がけてください。

求人に応募する時期を決める

応募→内定まで約1ヶ月ということが一般的で、短期決戦なことが想像できます。応募期間を設定して、この時期は面接などがあることも想定してなるべくフレキシブルに動けるように現在の仕事を調整できる状態にしておくことも必要です。

転職活動のスタート地点を決める

転職成功には、業界・企業の情報収集や自己分析などの事前準備が欠かせません。この時間もしっかり担保しましょう。1ヶ月程度見ておけば問題ないでしょう。

【オマケ】無事に転職が決まったら?

まずは直属の上司に退職を申し出て、退職日を設定します。その後、退職願を提出します。この提出が遅れると退職日が伸び伸びになってしまうこともあるので、上司と相談してなるべく早めに提出しましょう。

次に、後任者に仕事の引き継ぎを行います。この時に不備があると退職後も連絡が来る可能性があるので面倒ではありますがとことん丁寧に行うようにしてください。自分の仕事について、業務フローを作成しておけば万全です。

仕事の引き継ぎと並行して、社内外に退職の挨拶をします。メールで済ませることも多いですが、とくにお世話になった取引先などには直接出向いて挨拶をするのが現実的です。また、デスク周りの片付けも行います。自分が想像していたより大量の資料や私物があります。退職前日に慌てて片付けるのは周囲の迷惑にもなりかねません。転職を決まったら、こまめに処分することがオススメです。

なお、離職票や雇用保険被保険者証などを転職先に提出する必要があるので、その手続きや申請も行う必要があります。自動的に会社が行ってくれることもありますが、それについてもしっかりと事前に確認しておきましょう。

タイミングと計画性が「勝ちに行く」転職活動の近道です


転職を検討する時に何も考えず求人に応募しているのなら、それはもしかして大きな間違いかもしれません。企業が人材を欲する時期を見極めれば転職活動のプランも立てやすく、短期間での転職成功も夢ではありません。ある意味頭脳プレイとも言えますが、これまでの仕事で培った経験を活かせば難なく実践できるはずです。ぜひ実践してみてください。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.WILLOF(ウィルオブ)

セントメディアのトップ画面イメージ

WILLOF(ウィルオブ)は、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。