受かる転職の面接のコツとは?話すべき自己PRの内容やよく聞かれるあの話についてくわしく教えます

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

受かる転職の面接のコツとは?話すべき自己PRの内容やよく聞かれるあの話についてくわしく教えます


面接の際に採用担当者から言われるのが、「自己PRをお願いします」という言葉です。履歴書や職務経歴書には既に書いてあるのに、なぜ自己PRをしなくてはならないのか、と疑問に思う人も多いかもしれません。実は、面接時の自己PRタイムは、面接官が「この人は会社で活躍する人材か否か」を判断する採用・不採用の分かれ道タイムなのです。

つまり、どんなに書類が完璧であっても面接時の自己PRに失敗すると採用を勝ち取ることは不可能ということ。せっかく書類選考を通過しても面接の自己PRで不採用になってしまっては永遠に採用難民になってしまいます。

そこでこのページでは、採用を勝ち取る面接のコツを自己PRタイム中心に紹介します。

受かる転職の面接にはコツがある

書類は通過するのにいつも面接で落ちてしまう……。そんな悩みを持つ人は多いものです。実はそれ、面接のコツを押さえてないからかもしれません。

受かる転職の面接は存在する

転職の際の面接で面接官が知りたいのは、応募者が入社後に活躍してくれるかどうか、会社の理念に相応しい人材であるかどうか、ということです。つまり、この2点を自分の言葉でしっかり伝えることができたら面接の合格率は格段にアップします。

自分の言葉で、というのは、よく面接対策として「面接で聞かれる質問○例」「面接時のマナー」などがありますが、これに忠実に従ってしまうと、ステレオタイプな人間だと思われてしまいます。もちろん対策は重要です。けれどもっとも重要なのは自分のビジョンをしっかりと伝えることです。それが企業のビジョンに合致していたら、内定を勝ち取ることができるでしょう。

大前提として相手の目を見てハキハキ話すこと。もちろん身だしなみも整えて面接に挑みましょう。

面接時の自己PRではこれをアピールせよ!

自己PRタイムに話すべきことは、仕事に対する強み、そして入社後の貢献度です。まずはこれまでの仕事で培ったスキルや実績をできれば具体的な数値を挙げて伝えましょう。最後に、自分が入社したらどんな点で会社に貢献できるのか、今後の展望をアピールします。

この時、話す順番は、実績(結論)→実績(結論)を生み出すために起こしたアクション→今後の展望というのがお約束です。

なお、自己PRタイムに「コミュニケーション力が高い」など性格的なことを話すのはNGです。なぜなら、仕事とは無関係であるため。転職時の面接で面接官が知りたいのは応募者の性格ではありません。相手は面接のプロ。性格や雰囲気などは面接時に察することができます。

自己PRは職種ごとに違う!

自己PRは企業や職種ごとにアレンジすることがマストです。例えば、IT企業のエンジニア職で「私の強みはコミュニケーション力が高いことです」とアピールしても面接官には「だから?」とちんぷんかんぷんです。

しつこいようですが、自己PRタイムは自分の仕事における強みや企業への貢献度をアピールする時間です。企業が求めるスキルや人物像はそれぞれなので、それを理解して企業や職種ごとにアレンジして自己PRをすることが重要です。

事務職の場合の自己PR例

パソコンスキル、集中してミスのない作業ができること、社内・社外との均衡が円滑にできることをアピールしましょう。

営業職の場合の自己PR例

これまでの実績を実際のエピソードも盛り込んで話すことが効果的です。その際に数値も含めてPRすることが鉄則です。

販売・サービス職の自己PR例

これまでのパフォーマンスを周囲(会社・お客さま)からの反応や評価も含めてアピールしましょう。具体的にどのくらい会社に貢献したのか、具体的な数値があるのならさらに良いでしょう。

どうしても話さないといけない?退職の理由について

面接時に頻繁に聞かれることが多いのが、前職の退職理由です。この背景には、「入社してもまた退職するのではないか」という企業サイドの不安があります。

退職理由は正直に話すべき?

「やりたい仕事ではなかった」「残業が多い」といったネガティブな退職理由であっても、そのまま話してしまうのは面接官に良い印象を与えません。そうは言っても嘘をつくのはのちのちのトラブルの原因になるので控えましょう。

ポイントは、ネガティブな退職理由をポジティブに変換することです。

例えば、やりたい仕事ではなかった→さらなるステージでもっと活躍したい。残業が多い→仕事のオンオフにメリハリをつけて効率よく働きたい。

大切なことは、退職理由が会社への不満であったとしても会社のせいにしないことです。理想的なのは、退職の理由と志望理由につながること。「これがしたかったけどできなかった」→「それを実現するために入社したい」というように変換できれば面接官の印象もグッとアップします。

転職の面接では、やる気と熱意を見せましょう


転職の面接時に面接官が知りたいのは、応募者が入社後に活躍してくれるかどうか、会社の理念に相応しい人材であるかどうか、ということは前述のとおりです。それ以外にも重視しているポイントは応募者のやる気です。面接対策も重要ですが、「どうしてもこの会社に入社したい!」そんなやる気と熱意を持って面接に挑めば、少しくらい失敗しても面接の途中で軌道修正が可能です。面接突破のコツを心得た上で、精一杯のやる気と熱意をアピールしてください。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.WILLOF(ウィルオブ)

セントメディアのトップ画面イメージ

WILLOF(ウィルオブ)は、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。