就職時に使われるって本当?学歴フィルターについて知っておこう

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

就職時に使われるって本当?学歴フィルターについて知っておこう


企業が新卒採用時に、説明会参加者や面接希望者を学歴で絞り込む「学歴フィルター」。そういえば、自分も新卒の時に学歴がイマイチだったから説明会すら参加できなかったのでは……そんな心当たりのある人もいるかもしれません。

しかし、そもそも学歴フィルターは実際に存在するのでしょうか。もちろん学歴が良いことで就職が有利になることは暗黙の了解ですが、本当に存在するとしたら何のために存在するのでしょうか。その基準は?
転職する場合にはいまいちピンとこないものです。そこでこのページでは、学歴フィルターの基礎知識とともに、学歴フィルターに負けないコツ、転職と学歴フィルターの関係性までを紹介します。

学歴フィルターとは?

近年、雑誌やテレビのニュースなどでも話題になる「学歴フィルター」。前述のとおり学歴だけで新卒者の説明会や面接の希望者を選別することを指しますが、その真相に迫ります。

学歴フィルターって何? 真相に迫ります

学歴フィルターは、コンピューターのシステムにフィルターに特定の大学を設定し、そうでない大学の人をブロックして門前払いする差別のことをいいます。

代表的なのが会社説明会にエントリーさせるか、させないか。書類審査や面接をするかしないか。大学をフィルタリングすることで、自動的に振り分けます。

なぜこのようなシステムが存在するのかというと、企業の新卒採用の場合はエントリーが多く、人事部がそのすべてのデータに目を通せないことが挙げられます。そこで学歴フィルターを通じて、無駄な労力を省くというわけです。

実際に学歴フィルターは存在する! フィルター突破の基準

では実際に学歴フィルターは存在するのでしょうか。企業はもちろん存在しない、と言いますが、実際に企業に採用されているのは学歴上位校の学生であることからも存在は明らかだと考えられます。なおフィルター突破の基準は、GMARCH(学習院、明治、青山、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)と呼ばれるクラスと言われています。東大などの超難関クラスになると、内定を出してもほかの大企業に入社するのでは、という懸念もあり採用効率の面からあまりターゲットにされていない傾向があります。

学歴フィルターがあると就職が難しくなる?

結論から言うと、そんなことはありません。と言うのも、学歴フィルターを設定しているのは、新卒学生のエントリーが殺到する(殺到しすぎる)企業がメインだからです。つまり、中小企業やまだ名前が知られていないベンチャー企業であれば、学歴フィルターを設定していないことが多く、就職も難しいことではありません。

転職にも学歴フィルターは関係ある?

転職の場合は学歴フィルターをあまり気にする必要はありません。なぜなら、学歴ではなくキャリアやスキルという大きな判断材料があるからです。ただし、書類選考の際にはほかの応募者との比較材料として学歴をチェックされることもあります。面接時には学歴に負けないアピールを心がけましょう。

学歴フィルターに負けないコツ

ほかの応募者とは異なる経験やスキルを擁していれば、学歴フィルターも乗り越えることが可能です。

就活生の場合

就活生であるなら、国内・海外インターン経験、留学経験、英語力、プログラミングスキルなどが学歴フィルターを乗り越える大きな要素だと考えられます。これらの経験やスキルは、学歴フィルターからは分からないものなので、もし面接に進んだならしっかりアピールするようにしてください。

就活で学歴フィルターを設ける理由は、職歴のない学生の能力を学歴で計るしかないためです。決して偏差値の高い学生のみを採用したいわけではありません。もしも学歴フィルターにかけられたと感じたのなら、OB・OG訪問をする、直接企業に電話して会社説明会の参加を依頼する、などの手段も有効です。

転活の場合

転活であれば学歴フィルターはあまり関係ありませんが、これまでの仕事で培ってきたスキル、実績と今後の展望を履歴書や職務経歴書、面接の自己PRでしっかりと伝えられるように対策を練りましょう。その際には、応募書類の添削や面接対策もしてくれる転職エージェントを利用することも得策です。学歴を重視するかしないかなど、企業の内情についても知ることができます。

学歴フィルターは決して恐れるものではありません


新卒採用時に立ちはだかる壁、それが学歴フィルターです。確かに企業によっては重視していることもありますが、人間は学歴だけではありません! また、学歴フィルターがあったとしても、突破する方法はあります。「自分は学歴が低いから……」そう卑屈になるのではなく、学歴フィルターを設けている企業なんてこちらから狙い下げ! そんな気持ちで就活や転活に励んでください。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.セントメディア

セントメディアのトップ画面イメージ

セントメディアは、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。