その失敗を無駄にしないで。転職に失敗したかも…と思ったらまずやるべきこととは?

おすすめ人材会社3選

その失敗を無駄にしないで。転職に失敗したかも…と思ったらまずやるべきこととは?


転職に成功したのは良いものの、入社後に「転職に失敗したかも」「前の会社の方が良かったかも」など、「こんなはずじゃなかった!」と思ってしまう人は意外と多いものです。

転職をする人は新卒とは異なりある程度のスキルやキャリアもあり、それが評価された上での入社となるので会社とのミスマッチは少ない方ではありますが、それでも実際に働いてみたら何らかのギャップは生じるものです。そう、100%満足する転職なんてほんの一握りなのです。

そのギャップに耐えられずまた転職を考える人もいるかもしれません。でもその前に少し立ち止まって転職失敗について深く掘り下げてみませんか? それを明らかにできたら、失敗も人生の肥やしとなります。

このページでは、転職に失敗したかも……と思った時のメンテナンス法について紹介します。マスターすれば、次回の転職時にも活かすことができるでしょう。

失敗は成功のもと。その失敗を活かそう!

100%の人間なんて存在しません。それゆえ、誰でも失敗するのは当たり前です。転職に失敗しても、くよくよ悩む必要はないのです。肝心なのは、その失敗を繰り返さないことなのだから。「失敗したかも……」と思った時にまずやるべきことを指南します。

転職した理由を振り返る

自分はなぜ転職したいと思ったのか。なぜここの会社を志望したのか。まずは原点に戻って振り返ることが重要です。それにより、失敗ではなく、試練なのかもしれない、とポジティブに考えることができるかもしれません。はじめから100%満足できる転職なんてありえません。妥協できるところは妥協する、というのも転職の掟です。

改善できそうな失敗ポイントは改善を試みる

「残業少なめ、と聞いていたのに残業が多かった」「面接で聞いた仕事内容と実際の仕事内容が違う」などといった失敗ポイントについては会社側にも過失があるかもしれません。また、新しい職場における人間関係のトラブルで「失敗した……」と考える人も多いでしょう。こうした場合は、人事担当者に相談してみてください。それで改善できるのなら一件落着です。

「失敗したかも……」の原因を明確にする

「失敗したかも……」の原因は人それぞれですが、それがもしも労働条件に関することならば、失敗の多くは内定時の本人の確認不足にあります。こうした場合は完全に本人の過失なので、次の転職時には失敗ポイントを活かして転職活動をしましょう。

転職エージェントに相談する

転職のプロである転職エージェントであれば、今の自分の状況を客観的に判断してくれます。改善できるポイントなどもアドバイスしてくれることでしょう。転職の相談だけではなく今すぐ転職を考えていない場合も利用できるので積極的に活用しましょう。

失敗からはいろんなことが学べます

失敗は成功のもと。失敗から学ぶことはたくさんあります。転職失敗においては、次の転職時に同じことを繰り返さなければいいだけです。

例えば、面接時に内定欲しさに「なんでもやります」と言って入社した後に業務以外にも本当に何でもやらされてしまった、という失敗であれば、「なんでもやります、と言ってはいけなかった」「やりたいことを明確にしておけばよかった」と反省でき、次の転職に活かすことができます。

インターネット上には、さまざまな転職失敗事例が掲載されています。それも参考にした上で自分の失敗ポイントを認識して同じ事を繰り返さないようにしましょう。

転職失敗は自分を見直すいいタイミングでもある

転職が失敗したからといって、自分を卑下する必要はありません。実は転職失敗こそが自分を見つめ直すチャンスなのです。

自分は何がしたいか。どんな生き方をしたいのか。転職に失敗することがなければあえて考えることはありません。

なぜ失敗したのか? そう考えた時、「会社との相性が合わなかった」と考える人もいるかもしれません。そうではなく、「自分の何が悪かったのか」原因を考えるようにしてください。そう、転職失敗は自分の強みや弱みなど、さまざまなことを棚卸しするチャンスになるのです。改めて自分を見つめ直すことで、将来なりたい自分像が自ずと見えてきます。それが今の会社で実現することができるのか、ほかの会社なのか。転職に失敗しないと考えないことです。

転職に失敗することは人生の失敗ではありません


転職失敗が決してマイナスではないことを解説しました。失敗には必ず原因があります。それを解決していければ、今後、社会人としてはもちろん、人間としても成長することができます。

ただし、現職中の場合は失敗ポイントがどうしても我慢できないものであっても3年以上は離職しない方が無難です。なぜなら、次回の転職活動の際、採用担当者から見れば短期間での転職の繰り返しはどうしてもマイナス評価につながるからです。その間に失敗ポイントも改善されるかもしれないし、3年は頑張ってみてください。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.WILLOF(ウィルオブ)

セントメディアのトップ画面イメージ

WILLOF(ウィルオブ)は、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。