履歴書は手書きとパソコンで作成するのはどちらが好印象?正しい修正の仕方も解説

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

履歴書は手書きとパソコンで作成するのはどちらが好印象?正しい修正の仕方も解説


転職活動で必ず必要になる書類のひとつが履歴書です。とくに履歴書は、採用された際に企業が本人書類として保管するものなので、慎重に作成したいもの。
その作成法も手書きとパソコンの2択ですが、どちらが企業に良い印象を与えることができるのでしょうか。また、履歴書作成でミスをしてしまった場合の修正法とは?修正テープは使っていいのでしょうか?
このページでは、履歴書の意外と知られていない作成ポイントについてアドバイスしたいと思います。

正しい履歴書であなたの印象をアップさせよう

履歴書は写真のみで職務経歴書を重視する、という採用担当者も多いですが、年配の担当者などはまだまだ履歴書を重要視する率が高いようです。正しい履歴書を作成してしっかりアピールするようにしましょう。

手書き/パソコンどちらで作成しても構わない

一昔前は手書きの履歴書の方がやる気や誠意が分かる、という風潮がありましたが、現在はどちらでも構わない、という傾向が強いです。それゆえに、自分の得意な方法で作成して問題ありません。なお、企業や担当者によって手書き/パソコンを使い分けてみることもオススメです。例えばIT企業やベンチャー企業に応募するのであればパソコンで作成した方が有利になるかもしれないし、少人数の町工場、飲食店などであれば手書きの方が印象アップにつながるケースもあります。

手書き履歴書のミスでは、書き直しが必須

パソコンの場合の修正は簡単ですが、手書きの場合はそうはいきません。時間をかけて書いた渾身の履歴書。ミスしてしまった時は修正液や修正テープを使いたくなる気持ちも分かります。それでも必ず書き直すようにしてください。なぜなら、修正液や修正テープを使用したことは修正の痕跡が残ってしまうため、担当者に手抜きと思われてしまうからです。面倒な作業とは言え、手間を惜しまないようにしましょう。

どうしても書き直す時間がない場合は、訂正箇所に二重線を引いて上下の余白に正しい内容を記載し、訂正印を押すことでいくらかはカバー可能です。

履歴書には期限がある?

履歴書にも期限はあります。履歴書には日付を記載する欄があり、基本的には応募した当日、持参する場合であれば持参する当日を記載します。書いた日ではないので注意が必要です。パソコンで作成する場合は日付を変更するだけなので楽ちんです。一方、手書きの場合はそうはいきません。その都度書き直すようにしてください。

書いた日はいつでも構いませんが、提出については、企業が指定した締め切り日までを死守しましょう。また、職歴などがアップデートされている場合はそれも最新のものにする必要があります。日付が極端に異なっていると、使いまわしと思われてしまうので気をつけてください。

郵送の場合、企業から履歴書の送付を依頼された3~4日以内に送付するようにすると企業の心象も良いでしょう。そのためには応募した時点で履歴書作成にとりかかる、あるいは応募する前から学歴や職歴など、ある程度のデータをまとめておきましょう。

手書きの履歴書にするときの注意点

履歴書を手書きで作成する場合、いくつかの注意点があります。下記にまとめてみました。

消せるボールペンはNG

ミスをしても消すことができるため消せるボールペンを使用する人もいますが、消せるボールペンは摩擦や熱で文字が消えてしまうことがあるため使用は避けるようにしましょう。

ゲルインクの黒のボールペンで記入する

履歴書は黒のボールペンで記入することが常識です。この時、ボールペン選びを誤ると命取りになることがあります。というのも、水性のボールペンは水に弱いという性質があり、何かの拍子で履歴書が濡れてしまうと文字がにじんだりするリスクがあるからです。

オススメは文字が消えない、にじまないゲルインクのボールペンです。

誤字脱字はダメ、ゼッタイ

パソコンの普及によって、そもそも「自分で文字を記入する」ことが少なくなりました。パソコンの場合なら、変換機能を利用すれば自動的に正確な文字を表示してくれますが、自筆の場合にはそうはいきません。そこで注意したいのが、誤字脱字です。普段文字を書くことに慣れていないと、どうしても誤字脱字が発生しやすくなってしまいます。企業はそうした側面からも社会人としての注意力の有無などを見ているので、校正は抜かりなく行いましょう。

職歴を書ききれない時は?

転職者の場合には新卒者とは異なり既にそれなりの職歴が存在します。複数回転職している場合、職歴欄に書ききれない、という事態が発生することもあるかもしれません。
そうした場合、
○年○月 ○○株式会社 入社(○年○月 退社)
と記入すればスペースを担保することができます。

また、履歴書にもさまざまな種類があります。職歴欄のスペースが広い履歴書をチョイスすることもひとつの手段です。

履歴書を制する者、転職を制す!


履歴書は企業が採用時に保管しておく重要な書類です。それゆえに、作成に絶対に手を抜いてはいけません。履歴書作成には手書き/パソコンともにとても労力を要するものです。その労力が報われるためにも妥協のない最高傑作の履歴書をつくりあげてください。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.WILLOF(ウィルオブ)

セントメディアのトップ画面イメージ

WILLOF(ウィルオブ)は、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。