面接で「前の仕事はどうして辞めたの?」と聞かれたら、転職理由を正直に伝えるべき?

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

面接で「前の仕事はどうして辞めたの?」と聞かれたら、転職理由を正直に伝えるべき?


面接時に必ず聞かれる質問のひとつが転職理由(退職理由)です。前の仕事をやめた理由を正直に話すべきなのかわからない…と悶々と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この回答を用意しておくのとおかないのとでは、合否に雲泥の差がつきます。面接官が納得する回答をしっかりとできたのなら、転職活動のゴールは目の前と言っても過言ではありません。

一般的には以前の仕事や職場に何かしらの不満があるから転職を決意するものです。そんなことは面接官だって百も承知です。しかし、その転職理由(退職理由)を面接時に正直に話すことは、決して賢いとは言えません。では、賢い伝え方とは?

このページでは、転職理由(退職理由)のスマートな伝え方についてお話します。

なんでも正直に話せばいいわけではない

そもそも面接官が応募者に転職理由(退職理由)を聞く目的をご存じでしょうか。それは、入社後に同様の理由ですぐ辞めてしまうのではないか、活躍できる人材かどうか、確認するためです。言い方は極端ですが、結婚に例えるのなら「×あり」。それが前向きな×なのか、後ろ向きの×なのかで、全く印象は異なるものです。

前向きな×をアピールするためにはいくつかのポイントがあります。

以前の会社の不満は言わない

以前の会社に不満があって転職する場合でも、それをそのまま転職理由(退職理由)として回答してしまうと「同じ理由で辞めるのではないか」とマイナス評価につながります。例えば、「残業が多かったから」「人間関係が劣悪だったから」。こうした状況はどんな会社においてもあり得ることであり、後ろ向きの×まっしぐらです。

正直に話さないとは言っても、嘘はつかない

嘘も方便。正直に話す必要はないなら嘘をついてもいいの? それもアウトです。面接のプロである面接官はすぐ見抜いてしまいます。伝え方については後述します。

正直者は馬鹿を見る?

正直に転職理由(退職理由)を話したところで、誠実な人間なのだな、とは評価されるかもしれません。しかし、会社が求めているのは誠実なだけの人材ではありません。前向きな転職理由(退職理由)と今後のキャリアプランに関する回答を用意しておきましょう。

転職理由を伝えるときのコツと例文

では、転職理由(退職理由)を伝えるときのコツはあるのでしょうか。例文とともに分かりやすく紹介します。ポイントは、転職理由(退職理由)+転職後のキャリアプランにあり!

好感度を下げずに伝えるコツ

まずは転職理由(退職理由)の棚卸しをすることです。なぜ自分は転職したいのか。改めて考えてみてください。その理由はほとんど会社や仕事への不満というマイナス要因でしょう。ただし、マイナス要因だけ伝えても評価が下がるだけです。

評価を下げずに伝えるコツは、マイナスからプラスに変えること! 例えば、「残業がつらい」であったら、「ワークライフバランスを改善するため」「家族との時間を大切にしたいため」「効率的に仕事をしたい」など。その際に「残業が月に100時間で」などといった、具体的な数字を伝えるとさらに説得力があります。

また、入社後にやれる(やりたい)こと、未来の展望を伝えることも重要です。

転職理由 例文

「以前の職場では○○を担当していましたが、○○という弊害がありました。改善を試みたところ、○○という成果につながりました。業務改善の実績をぜひ御社でも発揮したいと考えています」こうした前向きな要素を取り入れた転職理由(退職理由)を事前に頭にインプットしておくようにしておきましょう。

ただし、使いまわしはNG。応募企業に合わせて臨機応変に「今後の展望/ビジョン」を考えることが重要です。

どんな転職理由だって自信をもって面接に挑むべし

転職理由(退職理由)は、それこそ十人十色です。今のご時世、転職は当たり前なのだから、どんな理由であっても自信を持って面接に挑んでください。面接官だって人の子。決して応募者を不採用にするために働いているのではありません。転職理由(退職理由)についても、ある程度の理解はできているものです。この時に重要なのは、自信なさげな態度を取らないこと。こうしたことがあったから、この会社でこそ頑張りたいという熱意を見せることです。それで採用されなかったとしても、「次!」と気持ちの切り替えを。前向きの×なら、受け入れてくれる会社は必ずあります。

転職(退職)は恥ではない!


何かしらの原因で転職(退職)をするものですが、それは決して恥じることではないし、前向きな転職(退職)であれば今後の未来も明るいものになります。

今よりも明るい未来を勝ち取るために、転職(退職)を検討することはむしろ賢い選択です。その際、事前に転職理由(退職理由)を自分の頭の中で整理した上で面接に挑むようにしてください!


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.セントメディア

セントメディアのトップ画面イメージ

セントメディアは、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。