転活前に読んでおきたい。転職のコツや注意点は年代別に違うって知っていましたか?

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

転活前に読んでおきたい。転職のコツや注意点は年代別に違うって知っていましたか?


どんな年代であっても転職を検討する際には不安がつきまとうものです。その不安も20代であれば「転職はまだ早いかな?」50代であれば「もう転職は無理なのでは」などと、年代によってさまざまです。このページでは、年代によって異なる転職の悩みやコツについてその解決法をレクチャーします。転活前によく心得ておいて、安心・安定の転職を実現させましょう。

年代別に転職時に注意すべきことは異なる

どんな年代であっても転職活動の時に不安や悩みはあるものです。むしろ、悩みがない年代なんて存在しないのでは? それでもそれぞれの年代で転職時に注意すべきポイントは異なるようです。詳しく見ていきましょう。

第二新卒の転職では、譲れない条件を明確にしておくべし

第二新卒の場合は、まだまだこの先の仕事人生に可能性がたくさんあります。また、若いが故に市場価値も高いため、さほど転職先に妥協をしなくても問題ありません。待遇や仕事内容など、自分が譲れない条件を明らかにした上で転職活動を行っても問題ないでしょう。逆に焦って妥協して転職をしたなら再び離職する可能性も高くなり、履歴書に傷がついてしまいます。

30代の転職は、これまでのスキルと即戦力が求められる

ある程度社会人経験のある30代であれば、その経験やスキルを元に即戦力として働くことが基本です。つまり、20代での「未経験歓迎!」な転職とは異なり、異業種への転職はなかなか難しくなります。さらに、結婚・出産など人生の転機が多く訪れる時期であり、軽々しい転職はできません。先を見据えた転職をする必要があり、転職のタイミングや転職先なども重要に検討する必要があります。十分な時間を要することを考慮した上で、慎重な転職活動を心がけましょう。

40代の転職はさらに慎重に

人生の折り返し地点、40代となると、どんなにハイスペックなキャリアがあったとしても書類選考で離脱してしまい面接に進めないことも多々あります。

40代の転職は、転職のラストチャンス的な意味合いもあるので慎重に転職活動を行うようにしましょう。もしも迷いがあるのなら、現在の職場に居残ることも視野に入れてください。もし転職に成功したとしても、待遇が現在の職場よりも悪いことも考えられます。もし現職で部署の異動が可能なのであれば、異動を申し出ることもオススメです。

50代の転職は、よっぽどのキャリアがないとお先真っ暗

50代の転職となると、まずもって求人そのものが稀有です。もし運良く求人があったとしても待遇などの条件は低くなることが多く、自身も年下の同僚を上司として扱うことが多いので働きづらい感が満載です。前職でよっぽどのキャリアがあるのなら話は別で好待遇なこともありますが、そうでもない限りは転職後、肩身の狭い立場になることを覚悟してください。

なぜ年代別に転職のコツや注意点が違うの?

企業は社員にお給料を支払うことで仕事をしてもらい、社会に貢献することがひとつの仕事でもあります。20代の戦力と50代の戦力とでは当然体力も適応力もある20代の戦力の方が、企業的にはメリットがあると考えます。そのため、若い世代の方が転職に有利なことは当然です。これから会社色に染めることも可能ですし。

それでは50代ならもう転職が不可能なのか? それは一概にはイエスもノーも言えません。20代にはないキャリアがあるのが40代や50代の強みです。自信を持って転職活動を進めてください。

【転職Q&A】応募条件に30代までとあったら40代からは応募できない?

求人の年齢制限。年齢についてはさまざまな表記がありますが、厚生労働省は平成19年から募集・採用の年齢不問を義務化しています。それゆえに年齢でくくる企業についてはこちらから願い下げでOK。もし採用されたとしても、どんな扱いを受けるか分かりません。もしかしてブラック企業かも? 慎重に見極めるようにしましょう。

参照:募集・採用における年齢制限禁止について |厚生労働省

転職のコツは年代でも異なるけれど、まずは「次の転職」を考えない職場を選ぶべし


転職活動の苦労は年代によりさまざまあります。だけどどの年代においてもいちばん重要なのは次の転職を繰り返さなくて済む職場を選ぶことです。
転職は、できればしない方が履歴書に傷がつきません。それでも何らかの事情で転職を考えるのであれば、もう転職しなくて良い職場を選択することがベストです。「終の棲家」と言ってもいいかもしれません。

日本人である以上、定年まで働くことがスタンダードです。だからこそ、転職は慎重にしたいもの。二度と転活をしない職場に転職することを目指して、焦らず転活してください。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.セントメディア

セントメディアのトップ画面イメージ

セントメディアは、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。