円満退職したいなら、退職の話の切り出し方に注意しよう。円満退職のコツを伝授します

おすすめ人材会社3選

派遣会社徹底比較

円満退職したいなら、退職の話の切り出し方に注意しよう。円満退職のコツを伝授します


退職を決心した時に誰しも考えるのが、会社を円満に退職したい、ということではないでしょうか。円満に退職したなら退職後の人間関係も継続するし、同業に転職する場合にも悪い評判が立つのを避けることができます。その際に注意したいのが、退職話の切り出し方です。と言うのも、円満退職への第一歩は、退職話の切り出し方から始まるからです。

とくに次の転職先が決まっている場合は気持ちが急いて切り出し方を意識することはあまりないかもしれません。だけどそこは、まがりなりとも一時はお世話になった会社であり、せっかく培った人間関係です。しっかりとマナーを守って退職話を切り出し、双方気持ちよく送り&送られたいものです。

このページでは、円満退職へと導く退職話の切り出し方について伝授します。

円満退職にはコツがある

一刻も早く会社を退職したい。法律では、退職の意思表示をしてから2週間後には辞められる、と定められてはいますが、それを鵜呑みにするのはNGです。なぜなら、その会社によって就業規則があったり、進行中のプロジェクト、引き継ぎなどがあるからです。それを配慮せず「法律で定められているはずだ」と退職するのは社会人として失格です。決して円満退職には至りません。では、円満退職をするにはどんなコツがあるのでしょうか。

円満退職は可能です

円満退職を実現するためには、いくつかのポイントがあります。順序立てて説明しましょう。まず、退職の意思表示について。退職を決心したら、できるだけ早い時点で直属の上司に意思を伝えることが重要です。伝える時期の目安としては、退職の1~2ヶ月前が一般的です。このくらいの期間があれば、仕事の引き継ぎや後任者の調整なども可能になり、会社側の負担も軽微で済みます。この期間に後任者に向けて自分の業務をまとめた資料を作成しておくとさらに良いでしょう。

次に、退職理由です。例え会社に不満があって退職を希望する場合であってもそれはオブラートに包み、あくまでも「○○にチャレンジしてみたい」などといったポジティブな理由にすると納得されやすい(有無を言わせにくい)ので意識してみてください。

退職話はこう切り出す

退職の申し出はまず直属の上司に切り出します。就業時間内に切り出すと上司の仕事の妨げになる恐れもあるので、できれば就業時間外が良いでしょう。

上司へのアナウンスは、「ご相談があるのですが」「お話したいことがあるのですが」の2択がスタンダードです。ただし、前者の場合はまだ残留の余地があるともとらえられ引き止められる可能性があるため、ストレートな後者のアナウンスが最適です。

実際に退職話を切り出す際は、まずははっきり辞意と、退職を希望する時期を伝えることがポイントです。切り出した時は必ず退職理由と退職後の進路について聞かれるので、事前に返答を用意しておきましょう。

なお、退職話を切り出す時には、どんなに仲の良い間柄であっても真剣な表情で、声のトーンを下げて話すことがポイントです。確固たる意思をアピールすることにつながります。

引き止められても断固拒否を

退職を切り出しても、引き止められるケースもあります。その条件として、待遇を良くするから、人員配置を変えるから、などと甘く囁かれることもあるかもしれません。どんなに良い条件が提示されても退職の意思は貫いてください。

なぜなら、会社の体質なんてそう簡単に変わることはないからです。また、それで会社に留まったとしても社内に退職の噂が周り、居心地が悪くなります。さらには、今後の昇進や昇給に悪影響を生じる可能性も。引き止められた時は、引き止めてもらった事の感謝を伝えた上で丁重にお断りしましょう。

やってはいけない、退職話を切り出すときのNGポイント

前述したとおり、上司を呼び出す際に「相談がある」というのはNGです。退職を引き止められる原因にもなりかねません。また、「絶対に○日まで退職したい」と言うのも社会人としてはマナー違反です。退職希望者にも都合がありますが、会社にだって都合があります。

退職話の切り出し方以前の問題で、上司との話し合いのアポイントにメールや社内チャットという手段を取る人もいますが、これも失礼にあたるし記録が残ってしまうものです。記録が残ることによって後々「こんな時期から退職しようと思っていたのか」と周囲に悟られてしまい後々トラブルにもなりかねないので必ず避けるようにしましょう。

切り出す時のタイミングについても注意が必要です。繁忙期や重大なプロジェクトが進行中の時は退職話を切り出してはいけません。「こんな時に切り出すなんて!」と確実に悪い心象を持たれてしまい、退職日まで肩身が狭い毎日を送ることになります。

もしも退職がうまくできないときには…

退職がどうしても難航する場合は、退職代行サービスを利用することも視野に入れてください。これは、退職希望者に退職のアドバイスや退職希望者に代わって退職の手続きをしてくれるサービスで、近年では女性専用の退職代行サービスもあります。仕事の引き継ぎの必要もなく確実に退職できることから需要が急増していますが、その需要から悪質業者も増えてきているので見極めは慎重に行いましょう。

また、転職エージェントに相談することも有効です。転職エージェントは転職のプロではありますが、その分退職の事例についても熟知しています。相談は無料なので、ぜひ利用してみてください。

退職話の切り出し方次第で、昨日までの味方は今後からも味方になります


一度でも転職を経験したことのある人であれば基本知識とも思える退職話の切り出し方ですが、初めて退職する場合はなかなか分からなくて当然です。周りの退職者たちもいつの間にか退職が決まっていて円満に退職しているし、最終日には笑顔で挨拶周りもしているけれど……。なぜなのだろう? その背景には、円満退職するための賢い退職話の切り出し方がありました。

業界は狭いもので、もし円満退職しなかった場合はその噂は業界内に知れ渡ります。これでは転職にも不利になりかねません。逆に円満退職することによって、現職の上司や会社が今後もパートナーになることだってありえます。つまり、円満退職が今後の人生をも左右する可能性もあるのです。

ぜひ賢い切り出し方を学んで、皆に新しい門出を祝われるような退職を目指しましょう。


おすすめ人材会社 3選

たくさんあってどれを選んでいいかわからない、選んでいる時間がないという方も、まずはここを見てみましょう!
良い求人が見つかること間違いなしですよ。

1.セントメディア

セントメディアのトップ画面イメージ

セントメディアは、約8割の方が半年以上のお仕事を継続しているという実績をもつ派遣会社です。満足度が高いのは、求人紹介だけではなく、お仕事がはじまってからもサポートやフォローが充実しているので安心して働けるから。業種にあわせた研修制度もあるので、お仕事に不安がある方でも自信をもって働けるようになりますよ。

2.スタッフサービス

スタッフサービスのトップ画面イメージ

オフィスワークに強いスタッフサービス。オー人事のCMが有名な派遣会社です。求人数も多く、自分にあった求人をみつけやすくなっています。登録した方だけに非公開求人が送られてくるのも魅力的です。